[PHP] LaravelでDBをいじってみる

普段ならDBにデータを入れる時はインサート文を作成してましたが、PHPのFWであるLaravelでseedファイルを使って入れるという案件の時のメモ。 seedファイルを作ればいいじゃんって話なんですが、数個のデータならそれでいいですが、100・・・・・・個もあるとなかなか骨が折れる作業かと思います。
そんな時に自分は、Excelのマクロを組んでバルクインサート文を作り、ローカルDBにデータを入れてからseedファイルを作りました。
環境
Windows 10
PHP ^7.2
Laravel ^6.0

DBからseedファイルの作成

上記コマンドを実行。しかし、メモリがなんちゃらと怒られるときがある。 こんな感じで怒られたら で調べる。256Mとか出たらメモリが足らないのでiniファイルを修正。
memory_limit = 256M の部分を変更
memory_limit = -1 に変更。もう一回実行。 成功したら256Mに戻してみる config/app.phpproviders に以下を追記する。 ここまでで準備は完了。DBにちゃんと繋げられる状態ならばiseedを実行する。 実行し、seedファイルが生成されているのが確認できたらseedを実行してデータ投入が出来るか確認する。 これでデータがちゃんと入っていたらとりあえず完了。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする