[React Native + Expo] ExpoをTypeScriptで触ってみる1 -node環境を整える-

Flutterが流行りそうな気がしてますが、あえてReact Nativeでアプリを作ってみようと思い、初めてみます。

まあ、直近でReact + Cordova でアプリを作成したのでReactの経験が活かせるかなってのと、Webでもほぼ必須のTypeScriptを使ってみようって考えです。

Homebrew、node等がインストールされている前提で始めます。とはいいつつ、色々バージョンが古くなっているのが当たり前(?)なので、バージョンを上げていきます。

まあまあ時間かかるのでちょっと休憩・・・・

今度はnodebrewのバージョンを上げます

nodeの安定版の最新をnodeのHPで調べます。上部に以下のような感じで書かれているのでこのバージョンをインストールします。

Latest LTS Version: 12.18.3 (includes npm 6.14.6)

インストールが終わったら、上記バージョンが入ったか確認します。

色々やってるんで、v13も入ってますが笑 先ほどの安定版v12.18.3を使います。

確認します。

無事先ほどのバージョンが使用できそうですね。実際のnodeのバージョンも確認します。

これで準備完了です。

表題のことを一切やってませんが、キリがいいので今回はここまでで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする